アルバム

アルバム

28日(1)  先生たちの家庭保育「その13」

2020/4/28

おはようございます!本日ご紹介する家庭保育ネタの対象は年長児以上の子ども対象になっております。
では・・・

★その13  「名探偵ごっこをやってみた」
        (6歳のかわいい男の子)
    →字が読めるようになっていたら5歳くらいでもできそうです。

(使うもの) ・紙  ・鉛筆  ・テープ  ・景品(おやつ 等)

*①紙を隠す場所を5~6か所決めておき、1枚に1か所ずつ書く。
(例えば・・・「テレビのまわりをさがせ!」という感じです!)

 ②用意した最後の1枚の紙には「ゴール!!」や「おめでとう!!」等、終了を意味する一言を書く。
 ⓷1枚の紙だけを手元に残し、お父さんやお母さんが残りの紙を隠す。
 ④ゴールの紙を見つけたら景品(おやつ等)がもらえる!!
  →または子どもがしたい遊びができるなどの望みが叶うというご褒美もあり♪です!
  ※ゴールの場所におやつがあるのも◎

≪母の目より≫
初めてする時には、子どもの見つけやすい「見える場所」に紙を貼りつけてあげて、慣れてきてから少し難しい場所に隠すと良さそうです。また、逆に子どもが隠して、お父さんやお母さんが探すパターンも楽しめます(^^)
子どもはこの遊びが楽しかったようで、次の日も祖母と一緒に遊んだり、自分で「「オレのポケット」というカードも追加で作っていました。(笑)
  

アルバム一覧はこちら